薄毛 体質

薄毛はやっぱり体質?原因物質の量や働きを決めるのは遺伝子

昔から「薄毛は遺伝する」とまことしやかに言われてきましたが、近年の研究でそれが単なるうわさではないことが分かっています。

 

遺伝と言ってしまえば楽ですが、具体的に何がどう遺伝して薄毛になるのかご存知ですか?
ポイントはAGAの直接の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の感受性と、そのDHTを生み出してしまう5αリダクターゼの量だったんです。

 

5αリダクターゼの量は人による

 

5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換してしまう仲介役のような存在です。つまりこれが無ければDHTは生産されないので薄毛になる心配は無いわけです。

 

逆に仲介役の5αリダクターゼが多いほど、テストステロンがDHTに変換する効率が高まり、より多くの脱毛信号が発せられることになります。

 

そしてその量の多寡を決定しているのが遺伝というわけです。
あなたのご両親や親せきに薄毛の方が多い場合は、彼らも5αリダクターゼの量が多いはずです。

 

そしてその遺伝子をあなたも継いでいるとやはり薄毛になりやすいということになります。
病院での治療はこの5αリダクターゼによってDHTが生産されることを抑制するのが基本となります。

 

ジヒドロテストステロンの影響の受けやすさも人による

 

遺伝が関係するもう一つの要素はDHTが発する脱毛信号を受け取る毛根側の感受性です。

 

同じ量の脱毛信号にさらされても、感受性が低い人はそれほどヘアサイクルが乱されることが無いので薄毛になりにくいのですが、感受性が高い人はより強く影響を受けるのでヘアサイクルが乱れて薄毛になりやすくなります。

 

この感受性は生え際や前頭部、頭頂部などが高いため、M字やO字、U字などの一定の進行パターンが形成されるのです。

 

遺伝はどうしようもない?

 

現在の医学では遺伝子操作でもしなければ直接遺伝を操作することはできません。
しかし実際はAGAの治療は成果を上げています。

 

それは遺伝の負の作用を超える効果のある治療薬や治療法が開発されたからです。
治療薬は一定の副作用があるので市販はされていませんが、医師の処方を受けることで入手できます。

 

経験症例数が多いAGA専門クリニックの医師は、あなたの頭皮を観察することでAGAの進行具合を確かめ、必要な投薬治療のスケジュールを組んでくれます。

 

AGAの治療は開始が早いほど薬の効きもよく、初期段階で治療を始めれば髪は薄くなることなくフサフサのまま維持できますよ。