チャップアップは「医薬部外品」に認定されているのですが、そもそも医薬部外品とは何なのでしょうか。医薬部外品である事の意味や、注意すべきことなどをここでは紹介していきます。

チャップアップ育毛剤は医薬部外品!

チャップアップは、は医薬部外品であり、その承認は厚労省が行います。

「商品そのものの安全性が高い」「製造工場の安全性などが一定基準を満たしている」などのことをクリアしていないと、医薬部外品認定はされません。

ですから、チャップアップは安全性が非常に高く、適切な製法で製造されていると言えるのです。


チャップアップ育毛剤

医薬部外品に認定される事の意味

医薬部外品は言うなれば「化粧品と医薬品の中間」です。

育毛剤に関して言えば、「医薬品ほど効くわけではないが、有効性についての裏付けはきちんとある」という表現が相応しいです。育毛剤以外の医薬部外品としては、例えば薬用化粧品や薬用石鹸などが存在します。

医薬部外品と医薬品に対しては「配合されている有効成分の記載」が許されていますので(メーカー側としても、売り出すために記載したいはずですよね)、購入する側がきちんとチェックする事も可能ですよね。

一方、化粧品にはそういった記載はありませんから、「有効成分の記載の有無」が化粧品なのかどうかの一つの判断基準となります。

化粧品・医薬品とは

薬としての効き目が非常に高いものは「医薬品」に分類されます。医療機関で処方される医薬品の事を「医療医薬品」と呼びます。そして、処方箋以外で取得することはできません。一方、処方箋なしで薬局等で購入できる医薬品の事は「一般医薬品」と呼びます。

そして、美容のために開発されたアイテムの事を「化粧品」と言い、薬として使う事は想定されていません。

医薬品的な「肌荒れを改善する」などの効能があるとは認定されていませんので、外箱などに載せてはいけない決まりになっています。

さて、化粧品と聞くと、文字通り化粧の時に用いるアイテムを連想する人が大半だと思います。

しかし、実際には入浴剤やハミガキ粉なども化粧品に分類されます。「歯を磨いたり、入浴したりするのも美容のうち」と考えれば、それも腑に落ちるのではないでしょうか。

化粧品と医薬品は根本的に異なるという事ですね。

そして、チャップアップには「リスクが伴うほどの劇的な効果はないものの、一定の効果が【期待できる】」ので、医薬部外品に分類されています。また、美容だけが目的のアイテムではないので、化粧品には分類されないという事ですね。

副作用が出ることもまずないので、安心して継続使用できるはずです。

チャップアップが医薬部外品だからこそ知っておくべきこと

チャップアップの分類が医薬部外品であるという事は再三説明した通りです。続いて、医薬部外品について知っておくべきことをお伝えしていきます。

効果を有すると認定されてはいない

医薬品とは異なり、医薬部外品は「防止」効果しか認定されていませんから、「完治する」ことを望んで使うとガッカリする事になります。

ちなみに、平成21年の薬事法の改定により「安全度がとても高く、医薬品に匹敵する効果があるもの」は、「指定医薬部外品」に分類される事となりました。

大半の育毛剤の分類は医薬部外品

チャップアップを含め、大半の育毛剤は医薬部外品です。育毛効果は期待できますが、「絶対に発毛する」とは言えないという事ですね。

ですから、公式サイトなどにも「髪が生えます」などの、「強い表現」は使われていません。「育毛効果が期待できる成分が入っている」。厚労省が承認しているのはこのレベルまでです。

このことを念頭において育毛剤を使いましょう。

医薬部外品のチャップアップの効果

頭皮のコンディションを安定させる

含有成分のセンブリエキスには、栄養分を頭皮に供給させやすくする効果があります。ですから、頭皮のコンディションが安定します。

また、除菌効果や毛穴の炎症を防止する作用のあるグリチルリチン酸も入っていますから、これによっても頭皮の状態が良くなります。

これら以外にも、11種の果物成分(キウイ、オレンジ等)が、頭皮を綺麗にしてくれます。また、頭皮を潤わせたり、硬くなる事を防止したりする作用も望めます。

さらには、皮脂の出過ぎを防いでくれる成分など、頭皮が喜ぶものが豊富に入っています。その成分を、頭皮にダイレクトに働きかけてくれるので、頭皮にほぼダメージを与えずに育毛を進めていく事が可能です。

ちなみに、香料も含めて添加物は不使用。肌質に自信がない方でも利用できます。

血流を良くする

血流を改善する効果もチャップアップには望めます。

その作用が期待できる成分は実に20種。M‐034(三石昆布の抽出液)を代表として、ローズマリー抽出液、ゴボウ抽出液、ニンジン抽出液などを含有。ちなみに、先述のセンブリ抽出液にも血流を良くする力があります。

また、ジフェンヒドラミンHCと呼ばれる成分にも血の巡りを良くするパワーがあります。カタカナとアルファベットの成分名ですから危険に感じるかもしれませんが、実際には刺激性は非常に低いのでご安心下さい。

男性ホルモンをブロックする

男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が生成され過ぎると、抜け毛が増えて、ハゲに近づいていってしまいます。

ですが、チャップアップ含まれているビワ葉抽出液、チョウジ抽出液、ヒオウギエキス、オウゴン抽出液などには、男性ホルモンを活性化させる酵素の動きをブロックする役割がありますので、抜け毛を抑える事ができるとされています。

男性ホルモンをブロックしてくれる育毛剤は多種多様に存在していますが、チャップアップはそのうちでも最も信頼性があるとされています。

DHTをブロックして、育毛をサポート。一般的な育毛剤よりもその働きにおいて優れていると言えそうですね。

医薬部外品のチャップアップがオススメの方

ハゲ、薄毛を防止したい方

実は10代の男性の中にもチャップアップを使っている方がいるのだとか。なぜなら、チャップアップには薄毛を防止する効果が期待できるからです。

20~30代であっても、頭皮を労わらなかったり、生活習慣が乱れていたりすると、あっという間に抜け毛が増えてしまう可能性が高いので、早めにチャップアップを導入しておくのは大いにアリです。

ちなみに、チャップアップは「育毛剤としてのクオリティーが非常に高い」と、松山敦さん(日本臨床発毛協会会長)によって太鼓判を押されています。

男性型脱毛症(AGA)が心配な方

薄毛を気に掛けている男性のうち、3~4割の方は男性型脱毛症(AGA)になるとされています。

そうなると、頭のてっぺんが薄くなったり、額が後退したりするなど、AGAならではの症状に見舞われる事になります。ですが、チャップアップには男性型脱毛症に効くとされている成分もたくさん入っているので安心です。

さて、男性型脱毛症の最大の要因は、男性ホルモンの一種であるDHTにあるとされています。そして、先述の通りチャップアップにはこの男性ホルモンの動きをブロックする力がありますので、男性型脱毛症のケアにピッタリな育毛剤であると言えます。

副作用のない安全な育毛剤を使いたい方

チャップアップはいわゆる「添加物フリー」の育毛剤ですから、炎症やかゆみなどの副作用はほぼ発生しません。

また、構成成分の大半が自然成分ですから、使い方を厳守すれば、嘔吐感や頭痛などに見舞われる事もまずありません。

ちなみに、オフィシャルサイトの口コミにも「副作用が出た」などの内容のものはありませんでした。これなら、気兼ねなく使えますよね。

化粧品・医薬品・医薬部外品の違いを知りましょう!

「身体に対して使うアイテム」を用いるときは、それが化粧品・医薬品・医薬部外品のどれに該当するのかを理解しておくことが大事です。チャップアップの分類は医薬部外品という事でしたね。

化粧品・医薬品・医薬部外品の各々の効果などについて、きちんと把握しておいてくださいね。


チャップアップ育毛剤