50代で薄毛が進行し始めた人、いませんか?50歳を超えてくると、「今さらハゲなんか気にしてどうするの?」という周囲の目もあり、育毛対策するのが格好悪いと感じてしまうかもしれません。


その気持ちは凄く分かります。私も「この年になって育毛なんて・・・。」という気持ちがありましたから。ただ、心の奥底ではまだ老け込みたくないという気持ちを感じている自分もいるはず。その気持ちに正直に行動した方が、後々後悔しませんよ。


「50代の自分が薄毛対策するなら、どんな育毛剤を選んだらいいのかな?」「50代の自分に育毛剤は効果ないのでは?」


あなたはそんな疑問や不安を抱えているかもしれませんね。そんなあなたにおすすめしたい育毛剤がチャップアップです。チャップアップは50代以降の男性の薄毛にも効果が期待できる育毛剤になっています。


今回はチャップアップが50代~60代には効果ないについて詳しく解説しています。50代以降の男性にぜひ使ってもらいたい育毛剤、チャップアップの魅力についても紹介していきます。

なぜ、50代になって急激に薄毛が進行しはじめたのか

50代になって薄毛が進行し始めた原因、それはズバリ老化です。

薄毛が気になる50代男性

体が老化するとさまざまな変化が生じますが、その中に薄毛を引き起こすような体の変化が以下2つあります。




・血行悪化
・DHT(ジヒドロテストステロン)の増加




それぞれの要因について細かく説明します。

体内の血行悪化を引き起こす筋力の衰え

薄毛が進行する場合、体内の血行悪化がその大きな原因になります。

血行不良

血行が悪くなると薄毛になる理由、それは血液には栄養を細胞に届ける働きがあるため。体内の血行が悪くなってくると、真っ先にその影響を受けてしまうのが、心臓から遠い場所にある頭皮。頭皮に血液が流れなくなることで、頭皮にある髪の毛をつくる細胞に満足な栄養が渡されなくなり、髪の毛の生成が進まなくなります。


では、なぜ50代になって血行が悪化してしまうのか?その理由は筋力の衰えにあります。

筋力低下

筋肉は血液を押し出すポンプの役割を果たしています。若い頃は筋力が強いため、しっかりと頭皮まで血液が届きます。ただ、50代になって筋力が衰えてくると、血液を押し出す力が弱ってきて、頭皮まで血液が届かなくなります。これが50代になって血行が悪化する大きな原因です。

髪の毛を作る細胞の働きを邪魔するDHTの発生

50代になってくると、体内において「DHT(ジヒドロテストステロン)」と呼ばれる物質が生成されやすくなります。DHTは髪の毛を作る細胞にくっついてその働きを妨げる性質があります。体内においてDHTが大量につくられるのが、50代の薄毛を引き起こす引き金です。

DHT(ジヒドロテストステロン)

では、なぜ50代になってDHTが大量に作られるようになるのか?その理由は50代になって男性ホルモンの分泌量が減ったためです。


年を追うごとに、男性ホルモンの分泌量はどんどん減っていきます。そのため、体はその男性ホルモンの分泌量の減少を補おうとして、限られた男性ホルモンをパワーアップさせるように働きかけます。


その結果生まれるのが、パワーアップした男性ホルモンであるDHT。DHTは男性ホルモンと5αリダクターゼと呼ばれる体内に存在する酵素が結びつくことで生まれます。若い頃は男性ホルモンが大量に分泌されているため、DHTを作る必要はありません。ただ、50代になって男性ホルモンの分泌量が減少したことによって、DHTが大量に作られるようになります。


これが50代の薄毛を引き起こす大きな原因になります。

育毛剤は効果ないと決めつけないで!50代の薄毛にはチャップアップ

元気な50代男性

50代の薄毛の大きな原因は血行不良とDHTの増加。以下の2つを抑えるのに抜群の効果を発揮するのがチャップアップです。




・血行不良
・DHTの増加




チャップアップの成分が50代の薄毛に効果があるのかについて解説していきます。

血行促進効果

まず、血行不良についてですが、チャップアップには「センブリエキス」という血行促進成分が配合されています。センブリエキスは長年漢方薬として使われてきた実績もあり、その血行促進効果には確かなものがあります。


また、センブリエキスのみならず、チャップアップには20種類以上もの血行促進効果を持つ成分が配合されています。これだけたくさんの血行促進成分を配合している育毛剤は他にはなかなかありません。そういった意味でも、血行促進効果に着目して育毛剤を選ぶなら、チャップアップは非常におすすめの育毛剤です。

DHTの抑制

次に、DHTの抑制についてです。チャップアップには男性ホルモンがDHTに変化するのを防ぐ効果を持つ成分として、「オウゴンエキス」「チョウジエキス」「ビワ葉エキス」といった成分が配合されています。


中でも「チョウジエキス」は5αリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑える効果が高いことで知られています。実験によるとチョウジエキスを用いたことで、5αリダクターゼの働きが74%も抑えられたと報告されています。5αリダクターゼの活動が鈍って男性ホルモンと結合しにくくなると、DHTもなかなか作られないようになります。


育毛剤の中には「DHTを抑制する効果がある」と宣伝しながらも、実際にその効果は科学的に証明されていないような育毛成分を配合しているものもたくさんあります。そんな中で、実験でDHTを抑制する効果が認められているチョウジエキスのような成分を配合しているのも、チャップアップの大きな強みになります。


チャップアップで薄毛が改善されないようなら、専門のクリニックへ

チャップアップは50代の薄毛にも効果を発揮する、これは間違いありません。ただ、50代になってくると、30代・40代の頃と比較すると、薄毛改善スピードが遅くなる傾向があります。

髪の毛が少し増えた男性

その理由は、やはり老化して体のさまざまな働きが衰えているため。


例えば、チャップアップの血行促進成分で血行を良くしても、若い頃よりも筋力が衰えているので、その血行促進効果の現れ方は緩やかなものになります。また、DHTも生成されやすくなっているので、チャップアップでDHTを完全に抑え込むのもなかなか難しくなります。


50代になって初めて薄毛に悩み始めたようなケースであれば、その進行状況も軽微な段階にあります。そのため、チャップアップで十分育毛効果が期待できるでしょう。

チャップアップの効果を期待できない50代60代の人

ただ、30代・40代くらいの頃から長年薄毛に悩んできて、かなり生え際や頭頂部でハゲが進行してしまっている人もいるはず。このような人はチャップアップでは、なかなか育毛効果が出ない可能性もあります。


そのため、もしチャップアップを使っても薄毛がなかなか改善しないようなら、薄毛治療を専門で行っているAGAクリニックを受診するのも良いでしょう。AGAクリニックを受診すると、市販の育毛剤には含まれていないより強力な成分を配合した治療薬を処方してもらうことができます。


50代の薄毛であれば、AGAクリニックを受診するという選択肢も考えておく必要があります。

診察を受けている男性

ただ、AGAクリニックを受診する場合、費用面で高くつく場合も多くなります。また、処方される治療薬も副作用がある強力なものが多くなります。このようなAGAクリニック受診のデメリットも押さえた上で、AGAクリニックを受診するのかを決める必要があることも覚えておきましょう。




いかがでしたか?


年齢を重ねたからといって、髪の毛を生やすことが出来ない訳ではありません。あなたは50歳の自分が髪の毛を生やすのは難しいと考えているかもしれません。ただ、実際にはチャップアップを使って髪の毛を生やした60代・70代の男性もいます。


高齢の男性でも髪の毛が生えてきた実績を持つチャップアップ。50代のあなたに全く効果ないなんてことは考えられません。


育毛対策をスタートするのに遅すぎることはありません。まずはチャップアップを使って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?