5αリタクターゼ 抑制

5αリタクターゼを抑制する治療ってあるの?いつまでなら間に合う

AGAの直接の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を作ってしまう5αリダクターゼを抑制できればAGAに勝つことができます。

 

現在その治療薬は完成しており、治療現場で使用されています。
今回は治療薬について解説するとともに、効果的な治療開始の時期をお教えしますね。

 

有効なAGAの治療ってどんなもの?

 

AGAの原因物質はDHTであるということが分かっているので、それが生産されないようにすればいいわけですね。

 

現在基本となっている治療はDHTを生産する仲介役となる5αリダクターゼに作用してテストステロンをDHTに変換させないようにする薬です。

 

その治療薬が「プロペシア」というお薬です。この薬は薬局では買えず、医師の処方を受けて入手する必要があります。

 

プロペシアの主成分はフィナステリド

 

プロペシアは製品名ですが、主成分の名前は「フィナステリド」といいます。
こちらはあまり聞きなれないかもしれませんが、これが有効成分となって5αリダクターゼに作用してくれます。

 

薬効としてテストステロンをDHTに変換する作用が止まり、脱毛信号が止まります。
すると乱れていたヘアサイクルが徐々に正常化し、毛髪の成長期間が長くなります。

 

成長期を取り戻した毛根はじっくりと長い期間をかけて太く強い髪の毛を生み出せるようになるので薄毛が改善するというわけですね。

 

ノコギリヤシの有効性は?

 

サプリメントのノコギリヤシが薄毛に効くという話題を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。じつはノコギリヤシはフィナステリドと同じような効能を持つと言われていて、薄毛改善を狙って使用している人もいます。

 

実は私も試したのですが、残念ながら目に見えた薄毛改善効果はありませんでした。
効能としてはあるのかもしれませんが、やはり薬ではなく食品ですからそれだけでは効果がマイルドすぎるのでしょう。

 

でも病院での治療と併用することで側面支援をしてくれる期待はできますね。

 

治療開始はいつまでなら間に合う?

 

AGAの治療は可能な限り早い方が良いです。完全に死んでしまった毛根は治療しても回復しないからです。

 

完全に毛根が死んでしまった部位は以前の毛量を取り戻すのは困難ですから、そうなる前に治療を始める必要があります。

 

軟毛化といって、髪の毛にコシが無くなったり細くなってきたころから治療を開始するのがベストです。そうすれば毛根を死なせずに済むからです。

 

自己流の治療は危険!?

 

市販の育毛剤などの手当でごまかすのは止めた方が良いです。
AGAの原因はホルモン由来の内分泌系の問題なので市販薬に使える成分や用量では効果的ではないのです。

 

また生活習慣の改善だけで治るものでもありません。自己流の対処ではAGAの対策としては不十分です。まずは病院でカウンセリングを受けて自身に合った対策を聞いてみることをお勧めします。